ニキビ対策には禁煙と適度な禁酒がおすすめ!

どうあがいてもニキビが治らない!そんな風に悩んでいるあなた。もしかすると、お酒やたばこを愛好してはいませんか?実はお酒やたばこはニキビを引き起こしてしまう原因だといわれているんです。今回はお酒やたばこがどうしてニキビに悪いのか?!ちょっとお話してみたいとおもいます。

お酒がニキビに悪い理由

適度なお酒であれば、勿論問題はありません。今回お話するのは、あくまでも「飲みすぎ」がNGだということなんです。その理由は、飲酒によって私たちはアルコールを摂取すると、それを分解するために身体の中のビタミンB群を消費します。ビタミンB群は実は、お肌のターンオーバーを促進する働きがあります。つまり、ビタミンB群が不足すると、お肌のターンオーバーのリズムが崩れてしまいます。そうなると、本来体の外に排出されるべき古い角質などがお肌にとどまってしまい、毛穴詰まりの原因となってしまいます。これがニキビを引き起こしてしまうんですね。ちなみに、お肌のくすみやごわつきも同様に引き起こしてしまいますので、このあたりが気になっている方ももしかするとお酒の飲みすぎが原因の可能性が高いですよ。毎日飲みすぎてしまう人は、ちょっと量を減らしてみたり、あるいは休肝日を作るように心がけてみてはいかがでしょうか?

タバコがニキビに悪い理由

続いては、タバコがどうしてニキビの原因になってしまうのかをご説明いたします。タバコの場合は、お酒とは違って適量であれば健康に良い!ということは残念ながらありません…。タバコを吸うと、体内に一酸化炭素が取りこまれます。一酸化炭素は、私たちの身体の細胞の酸欠を引き起こしてしまうといわれています。するとどうなるか。活性酸素の働きが活発化し、それを防ぐために今度は体内のビタミンCやビタミンEが消費されるんですね。ビタミンCは抗炎症作用がありますし、ビタミンEは血液の巡りをよくしてくれます。本来ニキビができそうな状態になったとしても、ビタミンCが炎症を抑えてくれて未然に防げていたり、ビタミンEが血行を良くして代謝を促しニキビを防いでくれているんですね。これがないので、ニキビができやすい状態が生まれてしまう、というわけなんです。ちなみにこれら2つのビタミンが不足してしまうと、ニキビが出来てしまうだけではありません。出来てしまったニキビの跡も残りやすくなってしまいます。というのも、ビタミンCにはシミそばかす色素沈着を薄くする働きが期待できます。そしてビタミンEも、ターンオーバーを促進することで、シミそばかす色素沈着を体外に排出してくれます。これらの機能が弱くなってしまうんですよね。ニキビを作りやすくもしてしまうし、跡も残りやすくしてしまう…。お肌にとっても、たばこは「百害あって一利なし」なんです。

サプリメントで補うなどして、ニキビ対策を!

いかがでしたか?それでもやっぱり、お酒とたばこはやめられない…!そんな方もいるとおもいます。どちらも中毒性がありますし、すぐにやめるのは難しいですよね!最終手段として、これを機会にお医者様に相談などしてやめるのもいいでしょう。あるいはどうしても難しいという場合は、サプリメントを上手に取り入れてあげるのがおすすめです。ビタミンBにビタミンC、ビタミンEといったビタミン系のサプリメントは、最近ではコンビニでも簡単に手に入りますので、ぜひチェックしてみてください。